Interview社員の声

業務への理解度が高くなることで楽しさを感じ、レベルアップを体感できる

千葉 ひとみHITOMI CHIBA

デザイナー
2016年中途入社

アルバイトから正社員を目指す

私は道外から札幌に引っ越してきたのですが、初めはハローワークに通って正社員の仕事を探していました。なかなか決まらずハローワークで仕事を探すのは限界があるのかも?と思い始めたころ、北海道には「アルキタ」という情報誌があることを知り、アルキタを通じて仕事を探すようになりました。その中にビットスターが掲載されていたんですが、私が応募しようと思ったきっかけは「服装自由」「未経験でもOK」そして「正社員登用制度あり」という言葉でした。さらに「土日休み」「就業時間がきちんと決まっていること」も大きな魅力でした。そのため、ビットスターの業務内容は未経験の分野で不安もありましたがアルバイトからスタートして、いずれ正社員を目指すのもいいかもしれない、と思いきって応募してみました。

業務への理解度が高くなることで楽しさを感じ、レベルアップを体感できる

アルバイトのときは、未経験ということもあって分からないことも多く、業務で使うHTMLやCSSなどを独学で勉強したり周りの人に教えてもらったりしながら振られた仕事をこなす毎日でした。しかし徐々に業務内容も理解できるようになり、社員となった今では逆に私が業務全体の管理や仕事の割り振りなど、「管理する側」になりました。
HTMLなどほとんど予備知識がなく、ゼロに近い状態で入社しましたが今では人に教えることができるほどレベルアップすることができましたし、入社前に比べてできることが大幅に増えました。はじめのうちは意味が分からないまま行っていた作業も、今では徐々に理解でき楽しみながら行うことができるようになりました。

おしゃれなオフィスと雰囲気の良い社内でやる気も上昇

オフィス内がセンスが良く、おしゃれな雰囲気が好きです。もともとおしゃれな雰囲気ではありましたがオフィスが移転してからはさらにおしゃれになったと感じています。
入社のきっかけにもなった「服装自由」もビットスターの好きなところのひとつです。社会人として最低限守らなければいけないラインはありますが、ビットスターの場合はわりと自由の幅が広いように感じました。
また、社内の雰囲気も良いので分からないことがあってもすぐに聞くことができ、一人で悩んで時間を無駄にしてしまうこともありません。

やったことのない分野にも挑戦したい

今はHTMLやCSSを使った業務をメインに行っていますが、今後はPHPやJavaScriptなど今までやったことがない分野をもっと深くやってみたいと思っています。まったくやっていないわけではありませんが、教わりながらやっているので一人できちんとできるようになりたいです。
そしていずれは自分の強みになるような何か特化したところを見つけたいと思っています。

デザインの幅を広げ、自分の引き出しを増やしておく

ITは未経験の分野で、入社当初は略語やカタカナ語といったIT業界独特の言い回しや、チャットでのやり取りに戸惑うこともありましたが、周りの方から教えてもらいながら、すぐに慣れることができました。ただ、実際に業務を行っていくうちにデザインの幅をもう少し広げておけば良かったかなとも思いました。
これから中途入社するのであればデザインの幅を増やしておくといいかもしれません。難しいことを予備知識として学ぶのではなく、普段何気なく目にするような街中の風景や雑誌などをデザイン的な角度から見て、自分の引き出しを増やしておくだけでもだいぶ違うと思います。デザインはアートとは違って、クライアントの要望を実現させるものです。そのため、クライアントの要望に少しでも応えられるようにいろいろなものを見て自分のデザインの幅を広げておいた方がいいかもしれませんね。

一覧に戻る

Entry 応募する