Interview社員の声

ビットスターになら任せられると言っていただけるように

能代 光人MITSUHITO NOSHIRO

プロジェクトマネージャー セールスエンジニア
2016年中途入社

ビットスターに人生を預けてみたいと思った

ビットスターに応募しようと思ったのは、キタゴエに掲載された前田社長のインタビューを読んだのがきっかけです。業務内容や将来性に魅力を感じ、この人と一緒に仕事をしたいと思って応募をしました。具体的に言うと、仕事の面ではIoTへの取り組みについて、職場環境の面では社内への保育施設導入など、見据えるビジョンが自身と似ていると感じ、この会社に人生を預けてみたいな、と思いました。
もちろんまだ実現できていない部分はありますが、目指すところは同じですし、実際に働いてみてもいずれ実現できる力がこの会社にはあると感じています。

プロジェクトリーダーからマネジメント業務へのステップアップ

入社して1年と少しが経ちますが、はじめはいわゆるSEと呼ばれる部分の業務を行っていました。お客様から要件を聞いてシステムを起こすところです。しかし、昨年の4月からは、お客様から相談をいただいたあと、仕事として成立させるまでの部分を担当するマネジメント業務を行っています。プレイヤーからマネジメントの方へ移ったということになります。

前職ではプロジェクトリーダーの経験はありましたが、現在行っているようなマネジメント業務はやったことがありませんでした。そういう意味では、私自身チャレンジをしている最中です。現在、マネジメント業務を行うにあたって部下が数人いますが、全員まだまだ経験を積み成長できると思っていて、また会社をもっと良くするためには必要な人材だと感じるので、期待していると同時にとても楽しみです。

お客様目線でシステムを作る大切さを実感

自分が作ったものや携わったものに対して、お客様から「よかった」「ありがとう」という評価・感謝の言葉をもらったときはやりがいを感じます。また、そこから次の仕事につながったときはさらに嬉しいですね。

最近それを感じたのは、弊社のPiPit登園というサービスに関する仕事です。PiPit登園とは、認定子ども園・幼稚園で利用できる自社開発の登園管理システムです。はじめはここまで規模の大きな仕事になるとは思っていなかったのですが、協力的なお客様との出会いもあり、ありがたいことにどんどん拡大しています。これからも現場目線で、本当に現場にとって必要なものは何なのかを考えながらシステムを作っていきたいです。

ビットスターになら任せられると言っていただけるように

ビットスターが掲げる「ITで、こまったを、よかったに。」を実現させるためにも、今までよりもさらに積極的なチャレンジをしていきたいです。企業のIT導入はどんどん進んでいますが、導入したことによって困っているお客様も多くいます。そのようなお客様を助けてあげたいという気持ちがあります。まずは、現在つながっている顧客の皆様から「ビットスターは良い」「ここなら任せられる」と言われるような仕事をして、そこからどんどん新しい仕事が広がっていけばいいなと思います。

チャレンジ精神旺盛な人と仕事がしたい

お客様目線でしっかり寄り添いながら仕事をしたいという人はぜひ来てほしいです。また、正しいことに関しては背中を押してくれる人たちが揃っていますし、自由に動ける環境もありますので、向上心を持ってチャレンジできる人と仕事がしたいです。
そういう意識があれば、たとえ初めはスキルがなくとも自然と身についていきますし、適材適所で活躍できるはずです。

一覧に戻る

Entry 応募する